【iPhone7以降の端末は一度修理したら水没する・・・?の真実を書いてみよう】

 

スマートドクタープロ西梅田堂島店です!

本日はiPhone7の画面割れの方にご来店いただきました。

フィルムの下のガラスが割れている以外は非常に綺麗な端末ですね。

 

以前画面の修理をした形跡があったので、「修理したことあるんですねー」と軽くヒアリング。

 

 

中身を開けて気付いたことがあります。そう、綺麗な外見からは全く判断が付きませんが、端末内部に水没の反応が出ています。(写真の水没反応シールが赤く反応しています)

 

 

ドクタースタッフ「あー、これは水没もしてますねー

 

お客様「ええ?!iPhone7って水没するんですか??!」

 

ドクター「ええ、しますよ?」

 

お客様「でも、アップルは耐水機能を謳ってるじゃないですか?!前修理したお店の問題ですか!?」

 

・・・

 

 

このブログでも、また当店のFBページでも何度かご案内はしていますが、

 

iPhone7以降の端末で耐水機能が付いていても、たとえそれが新品でアップルで買ってきたばかりの端末でも、

 

 

フツーーーーーに水没しますw

 

 

なんで水没するのかというと、

 

付いているのは防水機能じゃなくて、あ・く・ま・で耐水(水に耐性のある)機能だからです。

 

しかもその耐性っていうのがたった1枚のパッキンテープがガラスとフレームの間に張り巡らせてあるだけなんですねw

 

この下の写真のiPhone7は水没していないので水没反応シールは白です。その下にいくつか黒く伸びている糸のようなものがパッキンテープのことです。

 

 

実際に目で見てみると、こんなシールで耐水を謳ってんの??!と言いたくなりますよね。

 

もちろん状況によっては簡単に水没するわけです。

 

なので、前に1回修理している端末だからというのは水没したこととあまり関係ありません。

 

こちらの写真のiPhone7を見てみると、新品の1回も修理してない(中を開けていない)端末であっても、洗濯機で30分間回した後の端末はこんな感じでしっかり水没していますね。。

 

 

以上でご紹介したように、iPhone7以降の端末にアップルが水没対策に耐水機能を搭載していますが、あくまで気休めの性能であることは念頭に置いて行動する必要があります。

 

水没してもデータは取り出さずに本体交換を促すのはアップルのやり方ですからね。

 

もしもiPhone7以降の端末が水没したら??バックアップ取ってない!!という方は一度スマートドクタープロ西梅田堂島店までお問合せくださいませ♪♪

 

iPhoneの水没復旧は、税抜4,500円〜で対応しております!!

 

—————————————
ISO9001:2015 認証取得済
Pマーク取得済み 20002042(01)
SmartDoctor Pro. 西梅田 堂島店
総務大臣 登録修理業者
電波法:R000002
電気通信事業法:T000002
住所 大阪府大阪市北区堂島2−2−38
電話 0120-303-343
営業時間 AM11:00~PM8:00
定休日【土曜,日曜,祝日】
URL http://www.iphone-umeda.biz/
—————————————-

サブコンテンツ

このページの先頭へ