【画像】ネットでiPhone5バッテリーを買って自分で交換したら壊れた話

iPhone5のバッテリーを購入し、交換されたO様の実体験です。
ぜひご覧ください。

iPhone5を発売日に買って、もう1年以上が経っている…
バッテリーの消耗も近頃早い気がする…

ということで早速ネットで検索!

Apple社では本体交換対応ということで、9800円の料金。
非正規の修理業者さんに依頼すると場所にもよるが、大体3000円〜5000円でやってくれる。
データは基本的にそのままで戻ってくるので、こちらの方がお手軽か…

と、来店する店舗を決めていたら、AmazonでiPhone5のバッテリーが販売されている!!

しかも1000円程と、かなり安い。
分解用工具もセットで販売しているものも多く、交換手順もそこまで難しくなさそうだ。

ということで、早速買ってみた。

いろいろ調べていて分かったのが、リチウムイオンバッテリーは国で定められた「PSEマーク」を取得していないと販売が出来ないということ。

購入しようとしたところは問題なく取得しているということで、購入。

さすがAmazon。翌日には到着。

気合を入れて早速作業に着手。

下の2本のネジを特殊なドライバーを使って取り外す。
吸盤を使って持ち上げると開封が出来る。
バッテリーを押さえている金属プレートを外すとバッテリーと基盤を繋いでいるコネクタの脱着が可能。

新しいバッテリーに交換した。

IMG_9424

金属プレートを戻し、元の状態に組み上げる。

さて電源を投入!………
電源が入らない。。

きっと充電が無くなっているんだろうということで、しばらく充電器に挿してみた。
それでも起動しない。

バッテリーの初期不良ということも考えられるので、購入した業者へ問い合わせる。
代わりのバッテリーを再度送ってもらえるということで、安心した。

代わりのバッテリーも翌日には到着していた。
早速交換。それでもiPhoneは起動しない。
元々付いていたバッテリーを戻してみる。
起動しない。
元々付いていたバッテリーは確か残量は90%以上あったので、起動しないはずは無いでしょ!?!?
と困惑…

手に負えないと判断し、近くにあるスマートドクタープロ梅田店に持っていってみた。

スマートドクタープロ梅田店が使用しているバッテリーにも「PSEマーク」が取得されている。

IMG_9431

あれ?
自分で買ったバッテリーとちょっと違う?
っていうか買ったバッテリーはシール貼ってるだけ…?

確認してみると、シールを貼ってるだけではPSEマークを取得しました!ということにはならないらしい。
きちんと経済産業省に届け出て、検査機関で全てチェックされ、問題無いと判断されたバッテリーのみがこのPSEマークを取得出来る。

さらにPSEマークを取得したら刻印される整理番号のようなもの。
この刻印も義務付けられている。

バッテリーを購入される際はPSEマーク以外にも整理番号が記載されているか確認したいところ。

ちなみにO様が使っていたiPhone5ですが、異常電流が流れてしまったようで、どんな処置を施しても起動してくれませんでした。
最悪の事態ということです。

気をつけて下さい…

サブコンテンツ

このページの先頭へ