【包み隠さず】最新機種iPhone7が壊れた時に注意すべきことは?【教えます】

スマートドクタープロ梅田大阪駅前店です!

最新機種のiPhone7、もうお持ち方はたくさんいらっしゃると思います!

そこで今回はiPhone7の修理について少しお話したいと思います。
 

生活耐水の付いたiPhone7、果たしてその実力は?


 

ケータイショップの店員さんに「防水ですよ!」と言われて目新しさもあって、ついつい購入してしまったという方も多いかもしれません。
 

ところで、この耐水機能は一体どの程度のものなのでしょうか?
 

アップルの公式サイトを見てみると、IEC規格60529にもとづくIP67等級と書いてあります。
 

難しい話は抜きにすると、端末内に粉塵が侵入しない造りで、許容範囲の水圧を受けても規定時間内の浸水であれば有害な影響を受けない造りになっているようです。
 

しかし、経年劣化によってこの機能は低下する可能性もあるので、ずっと耐水というわけにはいかないのかもしれません。
 

割れたら耐水機能が著しく低下する?


 

経年劣化以外にも、耐水機能に影響する代表的な症状はガラス割れです。
 

画面の割れたiPhone7は、
 

耐水機能が無いに等しい

です!!
 

なぜなら、割れた隙間からどんどん水が入っていっちゃうからですね(笑)
 

水に濡れて錆びているiPhone7のフロントパネル

割れてから水没したiPhone7のガラス、錆びと左端のシールに水没反応有


 

画面割れにより完全水没したiPhone7

画面割れにより完全水没したiPhone7


 
割れるまでは先に述べた程度の耐水機能はあるiPhone7ですが、割れた後はiPhone6sやiPhone6s Plus以前の従来機種と同じく水濡れには非常に弱くなってしまいます。
 

くれぐれも水没には注意しましょう!
 

画面修理をしたら耐水機能は復活する!?


 

「じゃあ、画面修理してガラス割れの隙間を無くせばまた耐水機能を使えるんじゃないか?」
 

という質問に対するその答えは、
 

残念ながらNO

です!
 

元々iPhone7には表面のガラスとアルミフレームを圧着する際に、耐水用の特殊なテープが使用されています。
 

赤丸部分の特殊テープが分かりやすい

赤丸部分の特殊テープが分かりやすい


 

端末を開けることによってこのテープは再利用できなくなるので、厳密に言うと中を開けた時点で根本的にフレーム周りの耐水機能が失われることになります。
 

つまりiPhone7の場合は一度でも分解してしまったら、耐水機能は諦める必要があります。
 

既に画面が割れている場合は、修理前でも耐水機能が弱っていることに変わりないので、「どうしても耐水機能もそのままがいい!」という方以外は、当店で画面修理だけしてデータそのままで使った方が手取り早いかもしれませんね。
 

iPhone7の修理も、まずはスマートドクタープロ梅田大阪駅前店までお気軽にご相談くださいませ♪
 

————————————————————–
ISO9001:2015 認証取得済
Pマーク取得済み 20002042(01)
SmartDoctor Pro. 梅田大阪駅前店
総務大臣 登録修理業者
電波法:R000002
電気通信事業法:T000002
住所 大阪府大阪市北区芝田2-2-4 合同屋ビル1F
電話 0120-013-032
URL http://www.iphone-umeda.biz/
————————————————————–

サブコンテンツ

このページの先頭へ