iPhone6 水没修理 データは大丈夫??

現在iPhone6は最新のモデルで、iPhone4Sや5を使われていた方は機種変更をされた方も多いと思います。

『iPhone6が水没して電源が付かなくなってしまった!』

というお問い合わせが非常に多くあります。

内部を開けてみると、、

IMG_6334

 

乾燥剤に入れて2日経った状態でお持ちいただきましたが、まだiPhone内部には水が残っている状態です。

内部で水が残っている状態で、電気が通ってしまうとサビが発生してしまいます。本体側にサビが発生してしまうので基板が故障する事がありますので、水没した際は電源は必ず落とすようにしましょう!

水没した際の対処法

1.電源をいれずに、乾燥剤と一緒にジップロックに入れる。

2.充電器を挿したり、iPhoneを振ったりしてはいけない。

3.SIMカードを拭きとってiPhoneから取り外して大切に保管。

IMG_6336

 

水没点検料 4800円〜

修理時間 1時間

データに関してはiPhoneの電源が立ち上がれば抜き出すことは可能ですが、電源が立ち上がらない場合はデータを抜き出すことが出来ません。

やはり電源を何回も入れようとしたり、充電器を挿したりすると復旧率はガクッと下がってしまうので、絶対に入れないようにしましょう!!

 

iPhoneの故障に関するお問い合わせは↓

スマートドクタープロ梅田

0120−013ー032

サブコンテンツ

このページの先頭へ