【PSEマーク届出表示】違法なバッテリー業者にご注意ください!【ちゃんと理解してる?】

 

こんにちは、スマートドクタープロ西梅田堂島店です!

 

さっきiPhone6のバッテリー交換依頼でお客様にお越し頂いたのですが、危険なバッテリーが取り付けられていたので、この機会に少しPSEマークバッテリーについてご紹介したいと思います。

 

iPhoneだけでなく、iPad、iPod、その他のスマホの中に入っているバッテリーに関しても言えるのですが、基本的にはPSEマークというものがバッテリーの表面上に表示された端末がほとんどだと思います。

 

そしてこのPSEマークというものは日本の電気用品安全法で定められているように、電気用品を製造または輸入を行う事業者は、法に定められた手続き等の義務を履行し、電気用品にPSEマークを表示しなければならないことが義務付けられています。

 

 

このPSEマークをバッテリーに表示する意味は、日本国内でこのバッテリーを使用する上で、国の定める安全基準の検査に合格した電気製品かどうかを消費者が区別する為です。

 

しかしこれは、、どうしたことでしょう。

 

さっきご来店頂いたお客様のiPhone6の中に入っていたのは、紛れもなくPSEマークの表示のない違法バッテリー!

 

PSEマークがどこにも表示されていない。。

 

日本でリチウムイオンバッテリーのような電気用品を製造または輸入を行う業者であれば、お客様の端末に取り付ける前の時点で、電気用品安全法に則ってまずPSEマークの届出を経産省へ提出し、その後電気用品自体にPSEマーク表示をしないといけないはずです。

 

なのに、どうしてこのようなPSEマーク非表示のバッテリーがお客様の端末の中から出てくるのでしょうか?

 

その理由は一つだけ。

 

この端末を以前修理した業者が違法業者だからに他なりません。

 

本当にこういう修理をする業者はスマホ修理業を営まないでください。

 

スマホ修理をいい加減にやっている一部の修理業者のせいでスマホ修理業者って全部こんなんなんだ。。ってそういうイメージがついてしまいます。

 

修理を依頼する側の皆さんは、修理業者がまともかどうか判断するのはなかなか難しいかもしれません。

 

修理業者を選択する1つの目安としては、総務省の登録修理業者として国の登録を受けているかどうか、ここは最低限度のステータスになると思いますので、お近くで登録修理業者を探してみましょう。

 

登録修理に関しては以下のURLをご参照ください!

誰でもわかるカンタン解説BOOK!

 

スマホの修理なら、登録修理業者のスマートドクタープロ西梅田堂島店までお気軽にご相談下さいませ♪♪

 

—————————————
ISO9001:2015 認証取得済
Pマーク取得済み 20002042(01)
SmartDoctor Pro. 西梅田 堂島店
総務大臣 登録修理業者
電波法:R000002
電気通信事業法:T000002
住所 大阪府大阪市北区堂島2−2−38
電話 0120-303-343
営業時間 AM11:00~PM8:00
定休日【土曜,日曜,祝日】
URL http://www.iphone-umeda.biz/
—————————————-

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ