iPhone5S 自己分解をしてみたが。。戻せなくなった!

iPhone5Sを自己分解して元に戻せなくなったと修理依頼を頂きました。

お持込み頂いた状態はこちら↓

IMG_3931

「バッテリーが外せなくて。。。。そして無理矢理外そうとするとバッテリーから煙が出ました。」

とお客様がおっしゃっておりました。

iPhone5Sのバッテリーを外す際は、iPhone5とは違う非常に強い粘着が付いているので、無理矢理外そうとするとバッテリーが使えなくなってしまう事があります。

実際にバッテリーの画像↓

IMG_3932

これは完全にアウトです。。

穴があいてしまっている上に、バッテリーから煙の出た跡が残っています。

バッテリーがダメになってしまう=iPhoneをしっかり組み立てても電源が入らない。

という事になります。

自己分解して端末が壊れてしまうと再度iPhoneを購入しないといけなくなりますので、出来るだけ自己分解はオススメ出来ません。

戻せなくなった場合でも、当店ではお戻し作業も可能となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

スマートドクタープロ梅田までのお問い合わせはこちら

0120−013−032

サブコンテンツ

このページの先頭へ